サイトトップ > 住総研シンポジウム > 第47回・48回住総研シンポジウム

第48回住総研シンポジウム

東日本大震災・熊本地震復興支援事業
平成29年度重点テーマ「住まい手からみた住宅の使用価値」 連続シンポジウム第2回
住宅の使用価値の実体化の可能性

既存住宅の利活用の必要性が叫ばれて久しく、様々な政策が企画され展開している。しかしながら、「フローからストックへ」というパラダイム転換は進んではいるものの、「新たな豊かさ」実現に向けての変革は遅々としているといわざるを得ない。
人口減少・高齢者人口比率の上昇、世帯構成の小規模化・多様化、経済縮退・雇用の不安定化、日本列島における地震活動の活発化や地球温暖化に伴う災害程度・頻度の高まりなどによる、我が国の投資余力の縮退を勘案するならば、変革の歩みが遅いことによって、「新たな豊かさ」実現への機会を失ってしまうおそれも日々たかまっている。
では、どうしたら、変革の歩みを早めていけるのであろうか?
第47回シンポジウムでは、団塊世代が建設・購入した郊外住宅のストックに焦点を当てたい。それらの郊外住宅ストックの使用価値が、市場における売買・賃貸取引などを通じて、若年世帯に円滑に移転されていく可能性と課題を、地域、人、世帯、コミュニティ、市場などの側面からあぶり出していきたい。
第48回シンポジウムでは、住宅の使用価値の実体化に焦点をあてたい。既存の枠組を越えた如何なるシステムを創ることが、住宅の使用価値を市場において実体化させていくことになるのか、金融システムのデザイン、住宅ストックのブランディング、評価・取引システムのデザインなどの側面から考えていきたい。

野城智也(東京大学教授/住まい手からみた住宅の使用価値研究委員会委員長)

日時 2018年1月15日(月)
13:30〜17:00
会場 建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)
JR山手線・京浜東北線田町駅(三田口)より徒歩3分
都営地下鉄浅草線・三田線三田駅(A3出口)より徒歩3分
参加費 一般1,000円/学生500円(当日会場でお支払)
※参加費はすべて東日本大震災・熊本地震復興義捐金として被災地にお送り致します。
定員 150名(先着順)

シンポジウム

趣旨説明 野城智也(東京大学 教授)
話題提供 大垣尚司(青山学院大学 教授)
『金融システムのデザインによる中古住宅の使用価値の実体化』
中林昌人(既存住宅流通研究所 所長)
『住宅ストックのブランディングによる実体化』
中川雅之(日本大学 教授)
『使用価値をもとにした取引のできる市場を創るには』
総合討論
コーディネーター
野城智也(前掲)

※講演者等は変更になる場合がございます。

申し込み

フォームからお申し込みください。
※開催間際のお申込の場合、受付名簿に反映されない場合がございます。

問合せ ※8/11(金・祝)〜8/20(日)は休業

一般財団法人 住総研
e-mail sympo★jusoken.or.jp (★は@に変えて下さい。)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3−12−2
TEL:03-3275-3078

チラシのダウンロード

平成29年度住総研では、“住まい手からみた住宅の使用価値”を重点テーマとし、様々な活動を行います。 研究助成の他、年3回(予定)のシンポジウムに加え、当財団図書室でも関連資料を揃えております。

このページのトップへ

第47回住総研シンポジウム 終了しました。

東日本大震災・熊本地震復興支援事業
平成29年度重点テーマ「住まい手からみた住宅の使用価値」 連続シンポジウム第1回
団塊世代が形成した郊外住宅ストックの世代間移転とその可能性

既存住宅の利活用の必要性が叫ばれて久しく、様々な政策が企画され展開している。しかしながら、「フローからストックへ」というパラダイム転換は進んではいるものの、「新たな豊かさ」実現に向けての変革は遅々としているといわざるを得ない。
人口減少・高齢者人口比率の上昇、世帯構成の小規模化・多様化、経済縮退・雇用の不安定化、日本列島における地震活動の活発化や地球温暖化に伴う災害程度・頻度の高まりなどによる、我が国の投資余力の縮退を勘案するならば、変革の歩みが遅いことによって、「新たな豊かさ」実現への機会を失ってしまうおそれも日々たかまっている。
では、どうしたら、変革の歩みを早めていけるのであろうか?
第47回シンポジウムでは、団塊世代が建設・購入した郊外住宅のストックに焦点を当てたい。それらの郊外住宅ストックの使用価値が、市場における売買・賃貸取引などを通じて、若年世帯に円滑に移転されていく可能性と課題を、地域、人、世帯、コミュニティ、市場などの側面からあぶり出していきたい。
第48回シンポジウムでは、住宅の使用価値の実体化に焦点をあてたい。既存の枠組を越えた如何なるシステムを創ることが、住宅の使用価値を市場において実体化させていくことになるのか、金融システムのデザイン、住宅ストックのブランディング、評価・取引システムのデザインなどの側面から考えていきたい。

野城智也(東京大学教授/住まい手からみた住宅の使用価値研究委員会委員長)

日時 2017年9月11日(月)
13:30〜17:00(受付開始は13:00)
会場 建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)
JR山手線・京浜東北線田町駅(三田口)より徒歩3分
都営地下鉄浅草線・三田線三田駅(A3出口)より徒歩3分
参加費 一般1,000円/学生500円(当日会場でお支払)
※参加費はすべて東日本大震災・熊本地震復興義捐金として被災地にお送り致します。
定員 150名(先着順)

シンポジウム

趣旨説明 野城智也(東京大学 教授)
話題提供 園田真理子(明治大学 教授)
『残された時間は少ない―かつての新築住宅地の持続・世代間移転の可能性』
齊藤広子(横浜市立大学 教授)
『まちの魅力をつくりこむ主体は誰か』
池本洋一(リクルートSUUMO編集長)
『郊外住宅はミレニアル世代に “リブランディング”できるのか?』
総合討論
コーディネーター
野城智也(前掲)

※講演者等は変更になる場合がございます。

申し込み

フォームからお申し込みください。
※開催間際のお申込の場合、受付名簿に反映されない場合がございます。

問合せ ※8/11(金・祝)〜8/20(日)は休業

一般財団法人 住総研
e-mail sympo★jusoken.or.jp (★は@に変えて下さい。)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3−12−2
TEL:03-3275-3078

チラシのダウンロード

平成29年度住総研では、“住まい手からみた住宅の使用価値”を重点テーマとし、様々な活動を行います。 研究助成の他、年3回(予定)のシンポジウムに加え、当財団図書室でも関連資料を揃えております。

このページのトップへ