サイトトップ > 住総研シンポジウム > 住総研住まい読本 出版記念フォーラム

住総研シンポジウム

住総研シンポジウム

すまいろんシンポジウム

住総研住まい読本
出版記念フォーラム

アーカイブス

  • 助成事業
  • 住総研アーカイブ
  • 住総研シンポジウム
  • 住総研住まい読本
  • 住総研動画アーカイブ
  • 住まい・まち学習(住教育授業助成)
  • 市ヶ谷加賀町シェア居住
  • 図書室蔵書検索
  • すまいろん検索
  • 住総研清水康雄賞
  • 住総研研究選奨
  • 住総研博士論文賞

住総研住まい読本 出版記念フォーラム

住総研住まい読本12
『人生を変える住まいと健康のリノベーション』出版記念フォーラム
  終了しました。

人は生活習慣をそう簡単には変えられない。しかし、暮らしのベースとなる「住まい」を見直すと生活習慣が大きく変わり、それが健康長寿に大きく影響するということは事実です。つまり、健康長寿の本質は「住まい」にあるのです。

出版記念フォーラム(専門家向け)  終了しました。
医学博士vs建築家スペシャルトーク!〜健康と住まいのとっても深い関係を語りつくそう〜

日時 2018年6月12日(火)19:00〜21:00 (受付18:30〜)
会場 アーツ千代田3331 1Fコミュニティスペース
参加費 一般:2000円(HEAD会員:1000円)
学生:500円(HEAD会員:無料)
定員 100名

内容

基調講演 『健康長寿の本質は「住まい」にある』
医学博士・首都大学東京 名誉教授 星 旦二
パネルディスカッション 宿谷 昌則(東京都市大学教授)
甲斐 徹郎(チームネット代表取締役)
星 旦二 (首都大学東京 名誉教授)
竹内 昌義(東北芸術工科大学教授)

主催

エネルギータスクフォース/Head研究会

申し込み・詳細

こちらからお申し込みください。

問合せ

info@head-sos.jp

出版記念フォーラム(一般ユーザー向け)
立教セカンドステージ大学10周年記念連続フォーラム1  終了しました。
「人生が変わる住まいと健康のリノベーション〜人生100年時代における幸福戦略」

日時 2018年6月15日(金)18:30〜21:00
会場 立教大学太刀川記念館3階 カンファレンス・ルーム
参加費 無料
定員 100名(申込先着順)

内容

基調講演 甲斐 徹郎(株式会社チームネット代表取締役、立教セカンドステージ大学講師)
※予定しておりました星旦二先生の講演は都合によりなくなりました。
パネルディスカッション 甲斐 徹郎(株式会社チームネット代表取締役、立教セカンドステージ大学講師)
北山 晴一(立教大学名誉教授、立教セカンドステージ大学講師)
宿谷 昌則(東京都市大学教授)
小谷 和也(マスタープラン一級建築士事務所 代表取締役)
三浦 祐成(株式会社新建新聞社 代表取締役)

主催

立教セカンドステージ大学

共催

一般財団法人住総研、立教大学21世紀社会デザイン研究科 社会デザイン研究所

申し込み

フォームからお申し込みください。

問合せ

一般財団法人 住総研
E-mail: sumaidokuhon★jusoken.or.jp (★は@に変えて下さい。)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-12-2 朝日ビルヂング2階
TEL:03-3275-3078

このページのトップへ

出版記念フォーラム 住総研住まい読本8「不動産の価値はコミュニティで決まる 土地活用のリノベーション」

「不動産の価値はコミュニティで決まる」出版記念フォーラム

2013年にシリーズ1冊目を出版し、今回で8冊目となる「住総研住まい読本」シリーズ。今回は『不動産の価値はコミュニティで決まる』(学芸出版社刊)の出版記念フォーラムです。今回も前回に続き、東京と京都で開催致します。

縮小し多様化する時代、不動産の価値を大きく左右するのは、暮らしの満足度を高めるコミュニティの存在。
多彩な事例の当事者へのインタビューから地主、住人、建築家、事業者による新しい不動産活用の実践手法を解説。

※書籍に関してはこちらをご覧下さい。

出版記念フォーラム(京都)開催決定! 終了しました
日時 2016年5月20日(金)18:30〜20:30
場所 学芸出版社3階(京都市下京区木津屋橋通西洞院東入)
http://www.gakugei-pub.jp/kaisya/index.htm
講演 ■基調講演
甲斐徹郎(株式会社チームネット)

■パネルディスカッション
田村誠邦(株式会社アークブレイン)
大島芳彦(株式会社ブルースタジオ)
参加費 500円
(ただし、本をお持ちの方および当日ご購入の方は無料)
定員 50名(先着順)
問合せ
学芸出版社 担当・宮本様
E-mail miya★gakugei-pub.jp(★は@に変えて下さい。)
TEL:075-342-2600
チラシのダウンロード
こちらから
出版記念フォーラム(東京) 終了しました
日時 2016年4月25日(月)14:30〜16:45
場所 国際文化会館(東京都港区六本木5-11-16)
講演 ■基調講演
甲斐徹郎(株式会社チームネット)

■パネルディスカッション
林厚見(株式会社スピーク/東京R不動産)
田村誠邦(株式会社アークブレイン)
大島芳彦(株式会社ブルースタジオ)
松本理寿輝(ナチュラルスマイルジャパン株式会社 まちの保育園)
参加費 500円
500円(ただし、本をお持ちの方および当日ご購入の方は無料)
定員 100名(先着順)
問合せ
一般財団法人 住総研
E-mail sumaidokuhon★jusoken.or.jp(★は@に変えて下さい。)
TEL:03-3275-3078/FAX:03-3275-30799

このページのトップへ

出版記念フォーラム 住総研住まい読本6「建築女子が聞く 住まいの金融と税制」

「建築女子が聞く 住まいの金融と税制」出版記念フォーラム

お金の基本、考え方と仕組みが分からないと、これからの建築や不動産の仕事はできない!
ローンや税金の計算が出来るだけでは、建てる人、借りる方の一生を見すえた対応はできない!
そうした声に応え、基礎から学び、最先端を知る『建築女子が聞く 住まいの金融と税制』を刊行しました。

その出版を記念し、金融と税制、それぞれの第一人者である大垣先生と三木義一先生を京都にお招きし、園田眞理子さんと馬場未織さんに、とくにユーザーの関心が高い見通しが不透明な世の中に対応した新しいローンや、より安心できる住まいと生活のための税制のあり方についてお聞きします。
セミナーでは、とくに本では書き切れなかったこと、もう一歩突っ込んだ本音に迫ります。
奮ってご参加ください。

出版記念フォーラム(京都)開催決定! 終了しました
日時 2015年8月31日(月)18:00〜20:00 ※17:30開場
場所 学芸出版社3階(京都市下京区木津屋橋通西洞院東入)
http://www.gakugei-pub.jp/kaisya/index.htm
講演 大垣尚司(立命館大学教授/(一社)移住・住みかえ支援機構代表理事)
三木義一(青山学院大学教授/元政府税制調査会専門家委員会委員)
園田眞理子(明治大学教授)
馬場未織(建築ライター)
参加費 500円
(本をお持ちの方または、当日購入の方は無料にてご参加頂けます)
定員 45名(申込先着順)
申し込み
http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1508suma/index.htm
問合せ
学芸出版社 担当:前田裕資
FAX:075-342-2605 / TEL:075-342-2600
maeda★mbox.kyoto-inet.or.jp(★は@に変えて下さい。)
出版記念フォーラム(東京) 終了しました
日時 2015年7月30日(木)18:00〜20:00
場所 AGC studio(東京都中央区京橋2-5-18 京橋創生館2階)
https://www.agcstudio.jp/guide/access.html
講演 大垣尚司(立命館大学教授、(一社)移住・住みかえ支援機構代表理事)
三木義一(青山学院大学教授、元政府税制調査会専門家委員会委員)
園田眞理子(明治大学教授)
馬場未織(建築ライター)
参加費 500円
(本をお持ちの方、当日購入の方は無料にてご参加頂けます)
定員 50名(申込先着順)
申し込み
フォームまたはFAX(03-3275-3079)でお申し込みください。
問合せ
一般財団法人 住総研
e-mail: sumaidokuhon★jusoken.or.jp (★は@に変えて下さい。)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-12-2 朝日ビルヂング2階
TEL:03-3275-3078 / FAX:03-3275-3079

このページのトップへ

近居―少子高齢社会の住まい・地域再生にどう活かすか―

『住総研住まい読本』第4刊出版記念トークセッション 終了しました


概要:
この度住総研では、『住総研住まい読本』第4刊として『近居-少子高齢社会の住まい・地域再生にどう活かすか』(大月敏雄+住総研編著 定価 本体1900円+税 学芸出版社)を発行しました。
発行を記念して、執筆者によるトークセッションを行い、改めて「近居」がもつ地域や生活での意味を認識していきたいと考えています。

本書の内容紹介:
親子がスープの冷めない距離に住み合い、子育てを手伝い、調子が悪くなったときに面倒を見るといった、自然な協力関係が見直されている。これからの政策、計画の目標としてコミュニティ形成などと同様に、近居を望む人は容易に実現できる住宅地や住宅のあり方が必要だ。初めて近居を正面から取り上げその可能性を論じる。

書名/『近居−少子高齢社会の住まい・地域再生にどう活かすか』
編著/大月敏雄、住総研 編著
発行/学芸出版社
定価/1,900円+税

■東京会場
日時 2014年5月28日(水)18:30〜20:30
場所 AGC studio(東京都中央区京橋2-5-18 京橋創生館2階)
https://www.agcstudio.jp/guide/access.html
プログラム ■話題提供(各10〜15分)
1:大月敏雄(東京大学大学院工学系研究科建築学専攻教授)
2:松本吉彦(旭化成ホームズ株式会社くらしノベーション研究所所長)
3:庄司博之(神奈川県県土整備局建築住宅部住宅計画課長)
4:畑聰一(芝浦工業大学名誉教授)

■トーク(60分)
大月敏雄/松本吉彦/庄司博之/畑聰一
参加費 500円
(本をお持ちの方および当日ご購入の方 無料)
■京都会場
日時 2014年6月27日(金)18:00〜20:00
場所 学芸出版社会議室(京都市下京区木津屋橋通西洞院東入3階)
http://www.gakugei-pub.jp/kaisya/index.htm
プログラム ■話題提供(各10〜15分)
1:大月敏雄(東京大学大学院工学系研究科建築学専攻教授)
2:横江麻実(大和ハウス工業株式会社商品開発部主任)
3:中原信(神戸市住宅都市局住宅部住宅政策課長)
4:畑聰一(芝浦工業大学名誉教授)

■トーク(60分)
大月敏雄/横江麻実/中原信/畑聰一
参加費 500円
(本をお持ちの方および当日ご購入の方 無料)

このページのトップへ

住総研住まい読本展「縮小時代の住まいとまち」 終了しました

住総研住まい読本展「縮小時代の住まいとまち」
「第3の住まい コレクティブハウジングのすべて」×「住みつなぎのススメ 高齢社会をともに住む・地域に住む」


目的:
一般財団法人住総研は住生活の向上に寄与するための研究・実践活動を推進しており、その活動の一環として、一般向けに住まいの諸問題について解き明かすことを目的とした『住総研住まい読本』シリーズを出版している。2012年6月にシリーズ第一号『第3の住まい コレクティブハウジングのすべて』(株式会社エクスナレッジ)を、2012年10月に第二号『住みつなぎのススメ 高齢社会をともに住む・地域に住む』(萌文社)を出版した。その出版を記念し、本の魅力を広く一般に知っていただくため、「住まい方」「暮らしの写真」などのパネル展示とともに、多彩な執筆者グループによるトークセッションを行う。

■主催 一般財団法人住総研
■企画 住総研コレクティブハウジング研究委員会
委員長 小谷部育子(日本女子大学名誉教授)
委員  小泉雅生(小泉アトリエ/首都大学東京教授)、大橋寿美子(湘北短期大学准教授)、伊香賀俊治(慶応義塾大学教授)、櫻井典子(こどもと住環境研究所)、田村誠邦(株式会社アークブレイン)、上林一英(住総研)、岡崎愛子(住総研)

住総研高齢期居住委員会
委員長 在塚礼子(元埼玉大学教授)
委員  大原一興(横浜国立大学大学院教授)、大橋寿美子(湘北短期大学准教授)、黒野弘靖(新潟大学准教授)、古賀紀江(前橋工科大学准教授)、西野達哉(金沢大学助教)
■期間 2013年4月5日(金)〜9日(火)
Open 10:00〜17:00、4月6日(土)は休館
■トークセッション □4月7日(日)14時〜

□内容
第1部「暮らしを語る」14:00〜15:00
坂元良江氏(コレクティブハウスかんかん森居住者)×大橋寿美子氏(湘北短期大学准教授)
増田隆子氏(よっとーくりゃす居住者)×古賀紀江氏(前橋工科大学准教授)

第2部「縮小時代の住まいとまち」15:30〜16:30
小谷部育子氏(日本女子大学名誉教授)×在塚礼子氏(元埼玉大学教授)×大原一興氏(横浜国立大学大学院教授)

□入場無料
■開催場所 建築会館ギャラリー
東京都港区芝5-26-20
http://www.aij.or.jp/jpn/guide/map.htm
■入場無料
■会場にて本を特別価格にて販売

このページのトップへ