サイトトップ 住まい・まち学習(住教育)「住まい・まち学習」教育実践研修会

「住まい・まち学習」教育実践研修会

第6回「住まい・まち学習」教育実践研修会
〜住まい・まち学習のカリキュラム実践・デザイン力を磨く〜

今、安全で安心できる持続可能な暮らしや地域づくりが求められています。「住まい」や「まち」には学びの素材がみちあふれています。日々の住生活の中でさまざまな体験から気づき、感じ、多様な人々とのかかわりを通して学べることが他にはない住まい・まち教育の魅力です。

日時 2019年3月24日(日)
13:00〜17:00
住まい・まち学習のカリキュラム実践・デザイン力を磨く
チラシのダウンロード
会場 女子栄養大学 駒込キャンパス 3号館5階 小講堂・3506 教室
http://www.eiyo.ac.jp/daigaku/information/accessmap.html
参加費 無料
定員 60名
締切 定員になり次第締め切り
主催 一般財団法人住総研「住まい・まち学習」普及委員会
後援 国土交通省

住総研「住まい・まち学習」普及委員会

委員長 ・小澤紀美子 (東京学芸大学名誉教授)
委員 ・勝田 映子 (帝京大学教授)
  ・古賀 潔 (国土交通省住宅局住宅政策課)
  ・志村優子 (まちづくりプランナー)
  ・炭竃智 (教育図書株式会社)
  ・仙波圭子 (女子栄養大学教授)
  ・楚良浄 (世田谷区立玉川小学校指導教諭)

プログラム

(1)講演 a. 委員会委員による講演
小澤紀美子 (東京学芸大学名誉教授)
勝田 映子 (帝京大学教授)
b. 住まい・まち学習授業 実践校による発表(予定)
岡部 雅子 (お茶の水女子大付属小学校)
新藤 力  (一社)日本商環境デザイン協会
津島 真奈美 (山梨県立吉田高等学校)
  希望のグループに分かれて、住まい・まち学習授業の体験をします。
参加者同士の意見の交換や経験を通じて、授業づくりに生かせるスキル向上を目指します。
(2)体験ワークショップ (1)健康づくりの基本は住まい〜住まいの温熱環境の可視化を考えよう〜
健康で快適な暮らしは、住まい方の工夫によりもたらされます。寒いから暖かい、空気の汚れから新鮮な空気の循環、家族の分断化から視覚のつながりや集い、地域からの隔絶から外部(自然)とのつながりなど、住まいの「居心地よさ」を体感・実証していきます。具体的には、採光と日射、静けさと簡潔さ、熱環境、換気・通風、内と外をつなぐ環境調節装置について考えます。
(2)安全で健康・快適な「住み継ぐ住まい」を工夫しよう
今日、100年住宅が提唱され、「住み継ぐ家」が注目されています。3LDKの集合住宅に引っ越した中学生の幸子さん一家(4人家族)と同じ建物に住む4つの家族の住まい方との比較から、「家族観と住まい方」ならびに「住み継ぐ(継承)」ための「変革<含:リフォーム等>」を分析し、「デジタル版平面計画シート」などを用いて検討していきます。
(3)災害をのりこえる共生のまちづくり〜今、自分達にできること〜
たび重なる自然災害〜育てたいのは自分達自身がすべきことを考え、行動していく力です。絵本「みどりの町をつくろう」は、竜巻で被災した米国の都市グリーンズバーグの住民自らが、減災の視点を持ち、自然の恵みを生かしてまちを甦らせた実話をもとに描かれています。この絵本をヒントに主体的市民として模擬まちづくりに挑戦します。
(4)小さな灯りで豊かなスペースを
LEDや簡単な材料を使って、灯りのデザインをしてみます。一枚の紙を工夫するだけで、部屋の中をアートスペースに変身させたり、いろいろな雰囲気を演出したりすることができます。灯りがどのような効果をもたらすか、灯りの下でどのようなコミュニケーションが生まれるか、ということについて、参加される方々と共に考えることができればと思います。

会場地図

会場地図

申し込み

フォームまたはFAX(03-3275-3079)でお申し込みください。

※申し込みは3月22日(金)16時までです。それ以降は申し込み頂きましても反映されません。
当日受付も行っておりますので、直接会場までお越しください。

問合せ

一般財団法人住総研
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-12-2 朝日ビルヂング2階
TEL:03-3275-3078 / FAX:03-3275-3079

第5回「住まい・まち学習」教育実践研修会 終了しました。
〜住まい・まち学習のカリキュラム実践・デザイン力を磨く〜

日時 2018年3月21日(水・祝)
13:00〜17:00
会場 東海大学 高輪キャンパス 4号館2階 4201・4203 教室
http://www.u-tokai.ac.jp/about/campus/takanawa/
参加費 無料
定員 60名
締切 定員になり次第締め切り
主催 一般財団法人住総研「住まい・まち学習」普及委員会
後援 国土交通省

住総研「住まい・まち学習」普及委員会

委員長 ・小澤紀美子 (東京学芸大学名誉教授)
委員 ・勝田 映子 (帝京大学准教授)
  ・志村優子 (まちづくりプランナー)
  ・炭竃智 (教育図書株式会社)
  ・仙波圭子 (女子栄養大学教授)
  ・楚良浄 (世田谷区立玉川小学校指導教諭)
  ・中澤篤志 (国土交通省住宅局住宅政策課)

プログラム

(1)講演 a. 委員会メンバーによる講演
小澤紀美子(東京学芸大学名誉教授)
勝田映子(帝京大学准教授)
楚良浄 (世田谷区立玉川小学校指導教諭)
b. 「住まい・まち学習」授業実践の発表
実際に住まい・まち学習に取り組む学校の先生方による事例、授業内容の発表。
  希望のグループに分かれて、住まい・まち学習授業のワークショップを行います。
参加者同士の意見の交換や経験を通じて、授業づくりに生かせる体験ができます。
 
(2)体験ワークショップ (1)室内の環境を「見える化」しよう!
室内の温度や湿度、音など目に「見えない」ものに関心をもつことが、快適な空間作りには欠かせません。そこで、サーモグラフィ・ソフト、湿度が見 える紙など「見える化」する方法例をいくつか体験します。そして、さらなる「見える化」アイディアを皆さんで考えていきます。
(2)協働生活スペースをつくろう!
災害で避難所生活をすることを想定し、スペースと人の関わりを考えます。実際に段ボールや机を使って生活スペースをつくり、協働生活を疑似体験し ます。防災訓練ではなく、教室という限られたスペースをどう活用すればプライバシーを確保しつつ便利に生活できるか、周囲の人々とコミュニケーショ ンをとりながら過ごせるかについて考えていきます。
(3)家族がみんなで集まる場を考えよう!
日本の住まいは家族のあり方と密接に関わって変遷しています。寛容さを失いつつある日本の社会において、情報の波に足元があやうく、さらに思春期 真っ只中で不安を抱えている中学生の居場所が見えづらくなっています。そこで家族と共に「ゆったり」と「心身ともにリラックス」し、家族の笑い声が響 き「居心地が良い」と感じる、明日のエネルギーを充実させる「家族みんなが集まる場」を考えます。
(4)多世代間交流空間を考えよう!(地域交流、居場所づくり) 人口減少の流れの中で、身近な学区の中で、あるいはまち全体として多世代交流・共生の視点に立った地域社会(コミュニティ)づくりが求められてい ます。団地の再生や交流カフェなど、いくつかの多世代間交流空間の事例をヒントにして、その担い手を育む授業づくりのアイデアを検討します。

会場地図

会場地図

第4回「住まい・まち学習」教育実践研修会 終了しました。
〜住まい・まち学習のカリキュラム実践・デザイン力を磨く〜

日時 2017年3月20日(月・祝)
13:00〜17:00
会場 東海大学 高輪キャンパス 4号館2階 4201・4203 教室
http://www.u-tokai.ac.jp/about/campus/takanawa/
参加費 無料
定員 60名
締切 定員になり次第締め切り
主催 一般財団法人住総研「住まい・まち学習」普及委員会
後援 国土交通省

住総研「住まい・まち学習」普及委員会

委員長 ・小澤紀美子(東京学芸大学名誉教授)
委員 ・大道博敏(元 江東区立越中島小学校主幹教諭)
  ・勝田映子(帝京大学准教授)
  ・志村優子(まちづくりプランナー)
  ・炭竃智(教育図書株式会社)
  ・仙波圭子(女子栄養大学教授)
  ・村上真祥(国土交通省住宅局住宅政策課)

プログラム

(1)講演 a. 委員会メンバーによる講演
小澤紀美子(東京学芸大学名誉教授)
勝田映子(帝京大学准教授)
  b. 「住まい・まち学習」授業実践の発表
実際に住まい・まち学習に取り組む学校の先生から実例、授業内容の発表。
(2)体験ワークショップ 希望のグループに分かれて、住まい・まち学習授業のワークショップを行います。
参加者同士の意見の交換や経験を通じて、授業づくりに生かせる体験ができます。

会場地図

会場地図

第3回「住まい・まち学習」教育実践研修会 終了しました。
〜住まい・まち学習のカリキュラム実践・デザイン力を磨く〜

日時 2016年3月28日(月)
13:00〜17:00
会場 3331 Arts Chiyoda(アーツ千代田)コミュニティスペース
http://www.3331.jp/access/
参加費 無料
定員 60名
締切 定員になり次第締め切り
主催 一般財団法人住総研「住まい・まち学習」普及委員会
後援 国土交通省

プログラム

(1)講演 委員会メンバーによる講演
  住総研 住教育授業づくり助成 実践校による発表
(2)実践ワークショップ  

会場地図

会場地図

第2回「住まい・まち学習」教育実践研修会 終了しました。
〜住まい・まち学習のカリキュラム実践・デザイン力を磨く〜

日時 2015年3月26日(木)
13:00〜17:00
会場 帝京大学霞ヶ関キャンパス
参加費 無料
定員 70名
締切 定員になり次第締め切り
主催 一般財団法人住総研「住まい・まち学習」普及委員会
後援 国土交通省

プログラム

(1)講演 住総研「住まい・まち学習」普及委員会
・小澤紀美子(東京学芸大学名誉教授)
・勝田映子(帝京大学専任講師)
・大道博敏(江東区立越中島小学校主幹教諭)
・仙波圭子(女子栄養大学教授)
・志村優子(まちづくりプランナー)
(2)実践ワークショップ  

会場地図

会場地図

第1回「住まい・まち学習」教育実践研修会 終了しました。

日時 2014年3月21日(金・祝日)
13:00〜17:00
会場 筑波大学東京キャンパス120講義室
参加費 無料(資料として実践事例集を配布)
定員 100名
締切 定員になり次第締め切り
主催 一般財団法人住総研「住まい・まち学習」普及委員会
後援 文部科学省、国土交通省(いずれも予定)

プログラム

(1)住まい・まち学習実践の考え方 小澤紀美子(東京学芸大学名誉教授)
(2)小学校での実践と原理 勝田映子(筑波大学附属小学校)
大道博敏(江戸川区立平井西小学校)
(3)中学・高等学校の実践と原理 仙波圭子(女子栄養大学教授)
(4)住総研のHPの活用・実践に必要な資料 志村優子(まちづくりプランナー)
(5)グループ別実践ワークショップ(発表含む)  

会場地図

会場地図